公会計 独学

独学で合格できるのか

国家公務員になりたいのであれば独学で勉強することは難しいでしょう。
国家公務員は難解な試験であると同時に毎年多くの人が受験しています。
かなり人気の職種になりますので多くの受験生がしのぎを削っているのです。

国家公務員と合格率は1%~5%とかなり低いのです。
絶対合格するためには予備校や通信講座を利用したほうが良いでしょう。
独学で勉強するよりも効率よく勉強することが出来るはずです。

では公認会計士はどうでしょうか?
「合格したい」という強い気持ちがあれば独学で勉強することも出来るかも知れません。
ただし大学で専門的に会計を学んでいる人、
行政で財政に関する業務に携っている人など限定されるでしょう。
全く会計に関して知識がない人、
今まで全く関わったことがない人などは独学では難しいかも知れません。

簿記の試験について

試験科目はどれも実務に関連するものになります。
この科目は得意だがこの科目は全く分からない、という状態では合格することは出来ません。
苦手科目を作っては合格は遠のいてしまいます。

その科目も得意である必要は無いのですが不得意な科目を作ってはダメなのです。
公会計になるために簿記の勉強をする人もいます。
簿記の試験はビジネスを語る上で欠かせない資格の一つです。

簿記の試験を受けるのに独学で勉強しても大丈夫でしょうか?
簿記も3級程度ですと独学で出来ますがビジネスチャンスに変えるのであれば
2級・1級が必要になってきます。
このレベルになるとかなり困難ですので独学では難しいでしょう。