公会計 制度改革

公会計の制度改革

全ての地方自治体では平成23年に22年度分の財政を提示することが義務付けられています。
すでに各都道府県と人口3万人以上の年では、
平成21年度に平成20年度の財務書類を開示することが義務付けられています。

各自治体では公会計改革がまったなしで訪れてきます。
平成21年の秋には新しい財務書類を作成と提示が必要になってくるわけです。
実際に作業を行うのであれば平成21年の夏ごろにはタイムリミットとなるでしょう。

地方公共団体の実務担当者たちは苦悩しているかも知れませんね。
公会計の制度改革によって複式簿記が使われるようになると、
予算によってあらかじめ策定した歳入と歳出が計画に従って、
どのように現金の増減があったか取引記録に残されることになります。

複式簿記の必要性

複式簿記は原因と結果を施すことが出来るのです。
また現金の増減を伴わないものであっても、
その取引の原因を結果として残すことが出来るようになります。

複式簿記ではあらゆる取引を類型化して設定することが出来るのです。
一見難しそうに思える複式簿記ですが大変便利なものなのです。
しっかりと知識を頭に入れておけば困ることはないのです。

地方自治体を苦境から救うためにも財政担当者は複式簿記をしっかりと勉強する必要があるのです。
通信講座では公会計で必要になる知識を分かりやすく丁寧に教えてくれます。
テキストも分かりやすく編集されたものを使用しています。
短期間で学習することが出来るでしょう。