公会計 給料

公会計の給料

公会計となればどの程度の給与をもらうことが出来るのでしょうか?
公務員として公会計になったとすればどうでしょうか?
公務員ですのでその給与体制に沿った給与をもらうことができるでしょう。

世の中が不況で苦しんでいても公務員には不況は関係ありません。
ボーナスもきちんともらうことが出来るでしょう。
公務員の給与は平均どのくらいか知っていますか?

地方公務員の平均年収は728万円です。
ただしこの年収には管理職などの高額な年収をもらっている公務員も含まれています。
20代、30代の公務員がこのような高額な年収をもらっているわけではありません。
3代公務員の月収は30万円程度のようです。
手取りにすると28万円くらいです。

公認会計士の給与

公務員は課長補佐くらいまでは年収が安くなっています。
課長に昇進するとどんどん収入がアップしていく仕組みになっているようです。
いずれにせよ民間のサラリーマンに比べると高い年収となっているようです。
では公会計の仕事に携ることが出来る公認会計士の給与はどうなっているのでしょうか?

公認会計士32歳の平均年収が790万円です。
かなり高い給与を得ることが出来ます。
これは公認会計士として監査法人に勤めている人の平均的給与です。

公認会計士として独立している人の中には
1000万円、2000万円等の年収を得ている人もいるようです。
公認会計士はあらゆる働き方が出来る職種になっているので収入に関して幅が出てくるようです。