公会計試験 申し込み方法

試験申し込み方法

公認会計士杜なる場合試験の申込みはどのようにすればいいのでしょうか?
公認会計士の試験は誰でも受験することが出来ます。
受けたいと思った場合は公認会計士・監査審査会のホームページで確認しましょう。
願書の受付日や試験実施日等記載されています。

公認会計士の試験では一定知識や経験がある人は試験科目が一部免除されます。
地方公共団体で会計や会計監査に関わる事務や業務に従事していた期間が
通算して7年以上ある人は短答式試験の「財務会計論」が免除になります。
経験のある人はより合格しやすくなるでしょう。
今は門戸も広がっていますし、ぜひ挑戦してもらいたいです。

国家公務員試験申し込み方法

国家公務員に申し込む場合はどのようになっているのでしょうか?
国家公務員一種は受験できる年齢に制限があります。
これは公務員試験全般に言えることですが誰で見受けることが出来るわけではありません。

受験資格には公務員試験を受けることが出来る年齢が記載されていますので
それ以外の年齢の人は受けたくて受けることが出来ません。
国家公務員一種の場合は大学卒業後33歳までであれば受けることが出来ます。

受験申込用紙は人事院地方事務局に請求します。
直接受験申し込み用紙を取りに行ってもいいですし、
遠ければ郵送で送ってもらうことも出来ます。

受験申込みを申し込む場合は出来るだけ郵送でしましょう。
郵便で配達記録を残しておけば何かのトラブルがあった場合も心配ないでしょう。
いずれの場合も期限日に遅れないように余裕を持って申込みをすることが大切です。