公会計 国家試験

国家試験の難易度と合格率

国家試験とは法律に基づいて国が実施する試験によって
個人の知識や技能が一定レベルに達しているかどうかを判断する試験です。
国家資格の中の公認会計士は会計・財務のプロフェッショナルです。
社会的にも認知されている資格です。

監査業務は公認会計士だけに認められている独占業務です。
自治体の監査も業務内容に含まれています。
公認会計士の門戸は平成十八年度から広がっています。

それまで受験資格が設定されていましたが今では誰でも受験することが出来ます。
年齢、性別、学歴が問われないのです。
公認会計士は2018年までに大きく人数を増やすことが考えられています。

5万人程度まで公認会計士を増やしたいとしています。
そのためそれまで8%程度だった合格率が17%程度まで上昇しています。
試しに公認会計士を受けてみようという人も増えたために受験者数も一気に増えています。

公務員の資格を得るためには

公認会計士の合格者は割合的に学生が一番多いようです。
若いうちのほうが知識を頭に入れても忘れにくいので有利でしょう。
公会計の仕事に携ることが出来る公務員の難易度はどうでしょうか?

公務員といっても国家公務員となれば試験もかなり難解で独学で勉強しようと思っても
かなり難しい状況にあります。
身分が安定していることから将来安心だということで毎年多くの人が受験しています。

国家公務員となれば職種によって試験も分かれています。
合格率は5%程度です。
もっと低い合格率のときもあります。
合格すれば専門性を生かした仕事をすることが出来るでしょう。